モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」が防災週間(8月30日~9月5日)で無料体験できます!

ChargeSPOT

画像元:ChargeSPOT

9月1日は『防災の日』ということで、災害時のバッテリー問題に備える“スマホの充電訓練”と位置づけ、災害に対処する心構えを準備する意識の向上を目的とした8月30日~9月5日の「防災週間」の期間中、『どこでも借りられて、どこでも返せる』がスローガンのモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を全国約16,000箇所で無料体験をおこなうそうです。

無料体験の期間中、クーポンコード「 bousaiweek 」をアプリ上で入力することで、新規ユーザー、既存利用ユーザーに関わらず、48時間無料でレンタル可能になります。
(※全国のChargeSPOTバッテリースタンドのデジタルサイネージでも掲載されるため、そちらでもコードを確認可能)
家族への安否確認、避難場所の検索など、スマートフォンは災害時に欠かせないツールとなっています。

■実施概要
無料体験期間:2020年8月30日~9月5日
実施箇所:全国のChargeSPOT
コード入力方法:アプリ「メニュー」画面から「クーポン」→「クーポン獲得」へ
(詳細はコチラ → https://www.chargespot.jp/guide_03.php#02
レンタル方法:下記のSTEP
(詳細はコチラ → https://www.chargespot.jp/guide.php

ChargeSPOT

画像元:ChargeSPOT

■ 「ChargeSPOT」について
アプリでバッテリースタンドのQRをスキャンするだけで簡単にスマホ充電器をレンタルできる日本初のモバイルバッテリーシェアリングサービス。
全ての「ChargeSPOT」バッテリースタンドで返却可能なので、日常使いだけでなく出張・旅行などでも便利に活用いただけます。
政府が推進するテレワークやワーケーションでの活用にも注目されています。
バッテリースタンドは、2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県への設置を実現し、グローバルでも香港、タイ、台湾への海外進出を果たしています。
「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、LINE公式アカウント内からもサービスを利用することが可能です。

サービス説明動画:

■ 「ChargeSPOT」利用料金
最初の1時間未満で150円、48時間まで300円(税抜)。そのあと1日150円(税抜)で使用できます。
※レンタル開始後168時間(7日間)を超えた場合は、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生します。
全て税抜き価格です。

■ バッテリーの仕様
容量:   5,000mAh
対応規格: USB-C・iOS・Micro USB

■ ChargeSPOTを店舗などへの導入を検討されている方はこちらを参照してみてください。
CHARGESPOTの設置を検討中の方