容量が一杯になったiPhoneのデータ退避術

我が家は、自分が『Android』で妻が『iPhone』を利用しています。

妻のiPhoneは「6s」の16GBを利用している為、写真を撮ったり動画を撮影したりすると容量が一杯になることがしばしは。

そこで行っているのが下記の方法でデータを退避させています。

Googleフォトに写真を吸い上げさせる。

Googleフォトは容量無制限に写真・動画をバックアップしてくれます。

その為、iPhoneのデータを吸い上げさせて、クラウド上にデータを退避させます。

ハードディスクにデータを移す。

こちらは物理的な方法ですが、自身のローカルパソコンにiPhoneのデータをコピーします。

また、別途用意している外付けハードディスクにも念の為、データをコピーして退避させます。

上記を行った後、直近3ヶ月前のデータをiPhoneから削除し、容量を減らします。

(直近のデータを残す理由は、子ども達が写真や動画を見たがる為)

フォトブックを作る。

こちらは『nohana』と言って、毎月1冊無料でフォトブックを作れるサービスです。

リンク:nohana ~お気に入りの写真を、大切な家族と~

先ほど、残しておいた直近のデータで毎月1冊のフォトブックを作ります。

これで紙媒体のデータとして手元に残しておきます。

以上、我が家で実践しているiPhoneのデータ退避術です。

皆さんのデータ退避術はどうされていますか?

されていない方には、少しでもお役にたてる情報であれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする